住まいを建てる。

充電インパクトドライバー

ついにこれを購入する日がきました

充電インパクトドライバー

建築現場に携わっていると、これ必須のアイテム(工具)です
そて、どのメーカーのどの機種を購入したら良いか…迷います

充電池の進化…何ボルトの機械にするか

このところの充電池の進化は凄いですね、何年か前はコード式の工具がほとんどでした。最近の現場では充電式の工具が多く見かけられます、充電池もの現場では18V・36V当たり前、14.4VはいまやDIY用工具主流になりつつあります。
職人さんが現場で一日に何本もビスを入れたり、穴をあけるのなら18Vなのでしょうが、しょせん使っても何本かの自分はDIY用の14.4Vでも良いかな~❓ この電池の差はトルク(締め付けの力)に関わってきます。そして最大の違いは価格❕ プロ用の18Vになると価格は3万円~6万円です14.4Vならその2万円以下です

自分的には予算重視で14.4Vかな~

18V インパクトドライバー

メーカーは❓

割りとミーハーな自分はメーカーに拘ります(^_-)-☆
皆さんが良くご存じなのは「マキタ」ですよね、電動工具全般でまず「マキタ」なら問題ないと思います……が……それがなんかしっくりこないんです。トップのメーカーって……
そこで候補は「HiKOKI」(ハイコーキ)…「HiKOKI」って思われる方も多いと思いますが旧・日立工機です。それと「ボッシュ(BOSCH)」…世界のトップメーカーですが
ま、この3社ならまったく問題ないです 同程度の機能なら価格差もほとんどありません

自分的には…トップメーカーを敬遠してHiKOKIかな~

インパクトドライバーかドリルドラバーか

もっと大事なことがありました。充電式の電動ドライバーは2種類あります。、インパクトドライバーとドリルドライバーです。
インパクトドライバーは回転に打撃(インパクト)を加えてより強力な力を発揮します、ネジやボルトの締め付けに特化した工具になります。もちろん穴あけに使用できますが、打撃(インパクト)が加わらないようにやさしく使わないと材料を破損してしまうことがあります。
ドリルドライーは回転の力だけで締め付けと穴あけを行います、クラッチ機能がついていて、設定の力以上は力が加わらないので締め付け過ぎがありません。ねじ山をつぶしたり材料の破損を防げます、優しい工具ですが力(パワー)が今ひとつです

自分的には使うシーンを考えて…インパクトドライバーかな~

ドリルドライバー クラッチ機能付き

で…結論

14.4V コードレスインパクトドライバFWH14DGL(2LEGK)   HiKOKI

https://www.hikoki-powertools.jp/products/diy/impact-driver/fwh14dgl/fwh14dgl.html

まずは「無料相談」へ

「新築」「リフォーム」「解体」「空き家対策」など、住まいに関するお悩みがございましたら、まずはご相談ください。
「何を、どうすればよいのか」をご提案いたします。

初回無料相談お問合せ・お申込み