住まいづくり

「すまい給付金」の申請を忘れていませんか?

消費税率のアップに関わる対策として「住まいの給付金」があります

「すまい給付金」の申請を忘れていませんか?

この「すまい給付金」の申請はお引渡しが終わった後からになります、お施主様自身で行う必要があるので申請を忘れているケースもあるようです。着工前の申請等が必要な場合は、ハウスメーカーや工務店の営業担当者も、協力をしてくれますが、お引渡しの後だと十分なサポートを期待できなにのが現実です (^-^;

申請期間はお引渡しから1年3ヶ月あります

幸い…申請期間は充分にあります。お引渡しを受けてから1年3ヶ月以内の申請で大丈夫です(^_-)-☆
いろいろな条件もありますが、申請に必要な書類を集めたり、申請書の記入はそんなに難しくはありません。お引渡しを受けて1年前後のお施主様で、「すまい給付金」申請していない方は、今一度…要綱を確認して、該当する場合は忘れないように申請して下さい

https://sumai-kyufu.jp/

最大50万円の給付金があります

いろいろな条件で給付金額は変わりますが、最大50万円の給付金があります。これは大きいです!!
新築して、引越ししてと何かとお金の必要な時期に、この給付金は助かります

平成3年9月30日までの契約が該当となります

これから新築をしようとされるお施主様は、契約の期限が迫ってきています。新築の場合は平成3年9月30日までの契約が「すまい給付金」の該当となります。ここは心配しなくても、ハウスメーカーや工務店の営業担当者がセールストークでそれを使って、契約を迫ってくるので、忘れることはないかな((+_+))

給付金申請に必要な仕様や書類に注意して、申請を忘れないようにしましょう。申請忘れを防ぎ、申請もハウスメーカーや工務店に任せてしまう代理受領と云う方法もあります

「すまい給付金」のご相談も住まいの相談室

「すまい給付金」の申請についてのご相談は、お気軽に住まいの相談室

まずは「無料相談」へ

「新築」「リフォーム」「解体」「空き家対策」など、住まいに関するお悩みがございましたら、まずはご相談ください。
「何を、どうすればよいのか」をご提案いたします。

初回無料相談お問合せ・お申込み