住まいを「探す。」

「住まいづくり」の現場 基礎工事

目次

基礎工事 (ふたつの工法)

「住まいづくり」の【基礎工事】の工法はふたつの工法があります、「布基礎工法」と「ベタ基礎工法」です。「布基礎工法」は土台の廻る部分だけ基礎がある工法です。昔しは土間の部分は土でしたが、最近はコンクリートを打つ事が多くなり、一見「ベタ基礎工法」と同じに見える事があります。 しかし、この土間のコンクリートは無筋(鉄筋が入っていません)です、「ベタ基礎工法」の土間部分はしっかり鉄筋が入っていますのでまったく違う基礎です。「ベタ基礎工法」は建物の下の全体が基礎となる工法です。土間の部分もしっかり鉄筋が入った基礎となります。

布基礎工法とベタ基礎工法の比較

ふたつの工法を比較すると…… 

強度は 
「ベタ基礎工法」 高い > 低い 「布基礎工法」      

鉄筋やコンクリート使用量は 
「ベタ基礎工法」 多い > 少ない 「布基礎工法」      

価格は 
「ベタ基礎工法」 高価 > 低価格 「布基礎工法」 となります  

※最近では鉄筋価格が安くなって、基礎工事価格に占める材料費と手間代(工賃)の割合が変わってきて「ベタ基礎工法」の方が安いなんて話も聞きます。

基礎工事の考え方

当社団では基本的に「ベタ基礎工法」をお薦めします。それは「住まい」の耐久性や耐震性を考えて【耐震等級3】をお薦めすることとリンクしての事です。【耐震等級3】を確保するには、構造計算が必須となってきます、構造計算を行った場合はやはり「ベタ基礎工法」が有利です。
「住まいづくり」の建設業者でも「布基礎工法」に拘っておられるところもあるようです。その場合には建設業者から、躯体の構造体と合わせて考え方をお聴きして対応させて頂こうと考えています。「なにがなんでもこうでなければ駄目」との考え方は持たずに対応したいと考えています。

まずは「無料相談」へ

「新築」「リフォーム」「解体」「空き家対策」など、住まいに関するお悩みがございましたら、まずはご相談ください。
「何を、どうすればよいのか」をご提案いたします。

初回無料相談お問合せ・お申込み