住まいづくり

「造成工事」と「外構工事」

新築の相談

おはようございます。
「一般社団法人住まいの相談室」の坂本です。

今日は「造成工事」と「外構工事」のお話をさせて頂きます。

「造成工事」と「外構工事」 の違い

皆さんは「造成工事」「外構工事」と云うと、「住まいの」外回りの工事とか、大きな重機で土を掘ったりしてるイメージを思い浮かべると思います。
業界内の専門用語化していますね……

簡単に言うと…
「造成工事」は宅地以外の土地を宅地する工事です
「外構工事」は敷地内の建築物以外の工事です

もっとわかりやすく言うと…
「住まい(建築物)」を立てる前に、その「住まい」が建てられるようにする工事が「造成工事」。
「住まい(建築物)」を建てた後に、その「住まい」の外回りに行う工事が「外構工事」となります。

造成・外構工事の費用も見込んで見積もりを

「住まいづくり」の資金計画をたてる時に、このどちらの工事も含めずに検討してしまい、後で予算が足りないから後回し……となるケースが多くあります。

盛土をしても境界の擁壁工事が出来ずに土が隣地に流れてしまったり、家の周りが雑草だらけになったり、雨で駐車場が泥んこになって玄関まで泥を入れてしまったりと、せっかく新築した「住まい」が【だいなし】の状態となります。

「住まいつくり(創り)」の資金計画には必ずこの工事費用を最初から加えましょう。

ハウスメーカーさんや工務店さんなどの建設業者(販売業者)の営業担当者の方は、最初からこの費用を見込むと建物本体の費用が安くなってしまう為に、わかっていても見込まなかったり、見込んでも少額となる場合が多いのです。そこは仕方のない部分です。

やはり、資金計画はハウスメーカーさんや工務店さんなどの建設業者(販売業者)さんに任せるので無く、売買(損得)に関係のない第三者と検討する事が大事です。

造成・外構工事は専門業者が行う場合がほとんど

さらに、「住まい」の建設業者(販売業者)さんは自社で「造成工事」「外構工事」を施工するケースは稀で、ほとんどが専門工事業者への外注(他社発注)となります。
そうであれば、お客様自身がその専門工事業者へ直接に発注(依頼)すれば価格も下げられるし、打合せもスムーズです。

「一般社団法人住まいの相談室」では第三者としての資金計画の検討と提案、さらに「造成工事」「外構工事」の専門業者への発注(依頼)のサポートをさせて頂きます。
「造成工事」「外構工事」だけのご相談も承ります。 ご相談をお待ちしています。

まずは「無料相談」へ

「新築」「リフォーム」「解体」「空き家対策」など、住まいに関するお悩みがございましたら、まずはご相談ください。
「何を、どうすればよいのか」をご提案いたします。

初回無料相談お問合せ・お申込み