住まいを建てる。

建設=建築+土木

いまさらながですが……建設・建築・土木の違いを考えてみました

建設=建築+土木

この公式? で大丈夫と思いますが (^-^;

国語辞典を調べると

建設

「 建物・施設・道路などを、新たに造ること」

建築

「家屋などの建物を、土台からつくり上げること。また、その建物やその技術・技法」

土木

「土石・木材・鉄材などを使って、道路・鉄道・河川・橋梁(きょうりょう)・港湾などを造る建設工事」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

建設=建築+土木 で 問題ないようです

「住まいづくり」では

昨日、「住まい」を建築する予定の敷地で「造成工事」(土木)を着工しました。

昨日から完成までの「住まいづくり」の全体が「建設」、「住まい」の本体が「建築」、その付帯として「造成工事」や「外構工事」「道路工事」の「土木」を行うことになるわけです

長野県飯田長姫高等学校

自分が卒業した「長野県飯田長姫高等学校」には建築科と土木科がありました。飯田(いいだ)長姫(おさひめ)と読みます。

自分は何科の卒業でしょうか? (^-^;  正解は商業科です

商業科を卒業した自分が「建設」の仕事、「住まいづくり」の仕事をやっているのですから、わからないものです。ま、商業科は「つぶしがきく」と云うことでしょうか

地元の友達に話を聞くと、地元の建設業界は母校のOB会の様相を呈しているようです。相変わらず建築科と土木科は仲がよくないようです アハハ~

まずは「無料相談」へ

「新築」「リフォーム」「解体」「空き家対策」など、住まいに関するお悩みがございましたら、まずはご相談ください。
「何を、どうすればよいのか」をご提案いたします。

初回無料相談お問合せ・お申込み