住まいを「探す。」

「住まいづくり」の資金計画②

「住まいづくり」の資金計画……住宅ローンの話しをします

目次

住宅ローン

住宅ローンを検討すると云った場合……一般的には「いくら借りられるか」を検討することとなりますね

住宅ローン…いくら借りられるか?

これも大事なことは確かです 
先ず、そのことからお話しましょう

住宅ローンがいくら借りられるかを調べるのに必要な書類&証があります
➀源泉徴収票
②運転免許証
③健康保険証
この三種類の書類&証が住宅ローン審査の三種の神器です

この三種の神器は収入の確認(➀)、本人の確認(②)、勤務先の確認(③)をするためのものです…この内容が確認できると、住宅ローンの可否及びその借入金額(いくら借りられるか)が算定され、住宅ローン事前審査の事前承認がされます、いくら借りられるかがわかります

源泉徴収票
運転免許証・健康保険証

借りられる金額を全て使うのはNG

借りられるからと云って、それを全て使うのはNGです、あくまでもこれは上限金額です。借りられる金額から導きだされる月々の返済額とライフ・プランを充分に検討して借入金額を決めるようにしましょう。ここが「住まいづくり」の資金計画のもっとも重要なポイントです

ライフ・プランとは

ライフ・プランと云う新しい言葉が出てきました、月々の収入と生活に必要な支出をプランします。それは今だけでなく生涯に通じてどうかもプランします

住宅ローンは最長で35年の返済期間が用意されています、少なくともその返済期間内はどのような収入・支出になるかを想定して検討する必要があります。今…だけの検討では不安です

生涯を通じての支出はお子さんの教育資金、親御さんの介護費用、自動車の購入費、そして自分たち夫婦の老後生活資金等……日常の生活費とは別の支出も必要です

これらをまとめて検討を行うことがライフ・プランです、これをライフ・プランシートして表に書き出します

ライフ・プラン イメージ

「住まいづくり」の初めの一歩

ここまで行ってはじめて「住まいづくり」の資金計画と云えます

しっかりとした資金計画が「住まいづくり」のはじめの一歩です

「住まいづくり」の資金計画は当社団へお任せ下さい、ご相談は初回無料相談をご利用下さい 下記までお気軽にご相談下さい ↓↓↓↓↓

まずは「無料相談」へ

「新築」「リフォーム」「解体」「空き家対策」など、住まいに関するお悩みがございましたら、まずはご相談ください。
「何を、どうすればよいのか」をご提案いたします。

初回無料相談お問合せ・お申込み