住まいを建てる。

久しぶりの東京…上京

8月19日 東京へ行ってきました

久しぶりの東京…上京

目的のひとつは、お客様とのショールーム訪問です

食器洗い乾燥機(食洗機)選び

キッチンの中でお施主様…奥様の考え方や暮らし方に関する想いが表現されるのが、それを設置するかどうかも含めての食器洗い乾燥機(食洗機)選びです

海外製と国内製

実は大きな違いがあります。正確に云うと……海外製は(食洗機)国内製は(食器洗い乾燥機)です。海外製の食洗機には基本的の乾燥機能は付いていません。海外では食器の乾燥に電気を使う事は敬遠されがちです、余熱で乾燥したり、洗浄後に自動で扉を開けて自然乾燥する機種がほとんです。そのために乾燥機能の装置を付けている国内製に比べて庫内容量がが大きくなり、一度にたくさんの食器が洗えることになります。生活習慣の違いもありますが、一度でも海外生活等で海外製の食洗機を使われた方はその使い勝手の良さに次も海外製でとなるようです

ミーレ(Miele)とボシュ(BOSCH)

海外製の食洗器の二大メーカーがこのドイツのミーレ(Miele)とボシュ(BOSCH)です。海外製の食洗器を検討する場合はこの二大メーカーの比較することになります

今回のお客様は当初からミーレ(Miele)を採用するように考えておられ、先にミーレ(Miele)のショールームを見学させていただきました。国内製との差が良く理解出来て九分九厘採用が決まっていましたが、やはり乾燥機能の部分で少し不満が残っていました

そこで海外製の他のメーカー・ボシュ(BOSCH)を調べて、乾燥機能が優れている機種があることがわかりました。そこで今回のショールーム訪問となりました

https://dishwashers.club-bs.jp/

ショールームの新型コロナ感性症予防対策

今は多くのショールームが新型コロナウイルス感性症の予防対策として、完全予約制をとっていて、気軽に訪問する訳にはいきません。先般…とあるメーカーのショウールームでは1ヶ月以上も予約がとれませんでした。幸いにもボシュ(BOSCH)のシュールームは比較的早くに見学の予約ができました

ボシュ(BOSCH)の「ゼオライト・ドライ」…乾燥機能

多くの国内製の食洗機の乾燥機能は電気により熱線から発する温風を庫内に循環させる方法です、設備部分の関係でどうしても庫内が小さくなることと外部への排気が問題となります。ボシュ(BOSCH)の乾燥機能は「ゼオライト・ドライ」方式で画期的な方法です。電気による熱線の利用ではせず「湿気を吸収すると熱を発生する人口鉱物」…「ゼオライト」を利用します。電気をあまり使いたくない欧州でも受入れられ乾燥方法です。画期的な方法です…

こんな記事を見つけたので添付させていただきま

おそらく…お客様はこのボシュ(BOSCH)の食洗機を選択されると思われます、私共もこれからのお客様にも積極的に提案&お薦めをしていく予定です

まずは「無料相談」へ

「新築」「リフォーム」「解体」「空き家対策」など、住まいに関するお悩みがございましたら、まずはご相談ください。
「何を、どうすればよいのか」をご提案いたします。

初回無料相談お問合せ・お申込み