住まいづくり

JTI・マイホーム借上げ制度

「住みかえ」をご提案するうえで、利用したいのがJTIの「マイホーム借上げ制度」です。

「マイホーム借上げ制度」は、移住や住みかえを希望する50歳以上の国民等が保有するマイホームをJTI(移住・住みかえ支援機構)が終身で借上げ一定の家賃を保証する一方、これを主として子育て世代に転貸することによって社会資本としての有効活用をしようという制度です。

JTI・マイホーム借上げ制度

JTI(移住・住みかえ支援機構)とは

正式名称は一般社団法人移住・住みかえ支援機構です、略称はJTIです。
国土交通省が管轄する一般財団法人高齢者住宅財団の住替保証業務の事業主体として認可をうけて、公的移住・住みかえ支援制度の実施・運営にあたっている国内唯一の団体です。

簡単に云うと……国土交通省の支援をうけて、民間企業が主体となって移住・住みかえを支援する事業を行っている団体です。

https://www.jt-i.jp/

マイホーム借り上げ制度の形態

マイホームの借上げ契約にはふたつの形態があります。
➀終身型
 対象となる住宅に問題がない限り、制度利用者と共同生活者の両方が亡くなるまで最長終身で借上げする形態
②期間指定型
 あらかじめ制度利用者が指定された期間で借上げる形態

マイホーム借り上げ制度を利用するには

制度の利用は満50歳以上であり、対象となる住宅にはいくつかの条件があります。一定の建物診断を受けJTIの基準を満たす必要があります。

この「マイホーム借上げ制度」を利用すると終身での借上げ一定の家賃の保障が可能です。これがこの制度利用の最大のメリットです。

新築時からの制度利用想定 「かせるストック」

新築時に「移住・住みかえ支援適合住宅」として認定を取得した住宅は利用条件の50歳を待たずに借上げ制度の利用が可能となると共に、借上げ時の建物診の省略ないし簡素化する事が可能となります。

新築に「移住・住みかえ支援適合住宅」の認定(かせるストック)をお薦めします。「認定長期優良住宅」であり、JTIの協賛社員・協賛事業者である住宅メーカーや工務店のが建築・販売する住宅であれば認定が取得できます。

まずは「無料相談」へ

「新築」「リフォーム」「解体」「空き家対策」など、住まいに関するお悩みがございましたら、まずはご相談ください。
「何を、どうすればよいのか」をご提案いたします。

初回無料相談お問合せ・お申込み