住まいのコラム

役所調査……渋川市は便利(#^.^#)

今日…渋川市役所へ役所調査へ行ってきました。依頼された建物の建築計画概要書の水道設備の調査です

役所調査……渋川市は便利(#^.^#)

建物…「住まい」はいろいろな法律があって、規制されています。この法律や規制に関することの多くは市役所が携わることがほとんどです。より小さな地方自治体であるや、では県の管轄となって、どれぞれの地区の出先機関である土木事務所が携わっています。建物「住まい」のいろいろを調べようとすると市役所に出かけることが多くなります

役所調査のいろいろ

いわゆる役所調査ではこんなことを調べます…

建築確認確認申請について……これは市役所の建築指導課に出向きます。過去の建築確認確申請にいても、建築計画概要書を取得して調べることができます。これから建築確認申請を提出する場合の規制の有無やその内容を調べることが必要です。建築基準法等の解釈も自治体ごとの多少の違いもありますので、事前の調査が大事です

上下水道について……「住まい」建てる場合は、上下水道の状況を確認することも非常に重要です。自治体によって呼称は違いますが、水道局、水道課の窓口で相談します。最近は東毛地区のように自治体が直接業務を行わずに第三者機関に業務を移管している場合もあります。既存の設備が使えるのか?新しく敷設しなおす必要があるかによって、建築費用に大きく関わってきます。自治体によって対応はまったく違います、事前に調べておかないと「こんなはずじゃなかった…」となってしまいます

農地について……各自治体には農業委員会という部署が必ずあり、農地は厳しく規制されています。農地(畑や田)に建物「住まい」を建てるには、この農業委員会許可届出を行う必要があります。時として、建築指導課より厳しい対応をされます。

他にも…開発指導課、文化財保護課、河川管理課、道路管理課等(組織体制や呼称は自治体ごとに違います)への許可や届出が必要な場合がありますが、大きくはこの三つが大事です

渋川市は便利の理由

渋川市はこの三つ部署が同じフロアーにあり、一度に廻ることができます(^^♪ これって便利です

渋川市役所は本庁舎と第二庁舎があります、第二庁舎は以前がショッピングモールだった建物を転用して利用していて、大きなワンフロアーとなっています。その2階に…建築住宅課、上下水道局、農業委員会の全ての窓口があります

「そんなの同じ市役所の部署のだから全部同じ場所にあるでしょ」と思われました❓ 実は同じ場所にあるのは珍しいのです

例えば……群馬県の他の市では

高崎市……ここは同じ建てもの内にありますが、あの通りの大きな建物です。建築指導課は9階、水道局は18階、農業員会は14階です。合併した群馬町等のことは市庁舎ではわからずに、旧庁舎へ出向く必要もあります

前橋市……建築指導課農業委員会は市庁舎の同じ7階にあります。しかし…水道局は市庁舎の中にありません、まったく違う場所にあり、少し離れています。前橋市は市庁舎が狭いのかもしれません、他の部署もいろんなところに分かれています

太田市…3部署が、全部違う場所にあります。建築指導課は本庁舎の7階、農業委員会は旧新田町役場、水道は本庁舎の西側の群馬東部水道企業団が窓口ですが、下水道については本庁舎8階です

高崎市や前橋市は市の規模も大きいですし、太田市は市庁舎の建築時のあれこれや、市町村合併があったので仕方ないのかもしれませんね。そもそも、この部署を同じ用件で廻ることは想定されていないのでしょうね((+_+)) 本来は独立業務ですから……

まずは「無料相談」へ

「新築」「リフォーム」「解体」「空き家対策」など、住まいに関するお悩みがございましたら、まずはご相談ください。
「何を、どうすればよいのか」をご提案いたします。

初回無料相談お問合せ・お申込み