住まいを「建てる。」「買う。」「直す。」

住まいの建築 住まいを「建てる。」

ハウスメーカーや工務店等の建設業者と建築請負契約を締結して、これから「住まい(住宅)」を建築する方法です

建売住宅等の購入 住まいを「買う。」

既に完成している、建売住宅、分譲マンションやリフォーム済みの中古住宅を買う方法です

取得(購入)は容易です。短期間で決めて直ぐに引っ越しができるメリットがあります。仕上がりの状態は、実際の「住まい(住宅)」を自分の目で見て検討できるので安心です。半面、内部や目に見えない部分はどんな工事がされているか、確認ができないところもあります。価格はいろいろな価格帯があります、ご予算に合わせての検討が可能です。廻りに同じような「住まい(住宅)」が建てられているケースも多く、選択に迷う場合もあります

今の住まいをリフォームする 住まいを「直す。」

今、お住まいの住まいをリフォーム(「直す。」)して、住み続ける方法です

生活環境を大きく変えずに生活出来るのが大きなメリットです。現在お住まいの「住まい」が理想通りのリフォームが容易で暮らし続ける事ができるかの判断が大事です。

中古住宅の購入し再生する 中古住宅に「住む。」

過去に人が居住したことのある「住まい(住宅)」を土地付きで購入する方法です
「買う。」中古住宅と違い、そのままの中古住宅を買って、自分が使いやすいように再生して「住む。」方法です

住まいの相談室ではこの中古住宅に「住む。」を推奨しています

最大のメリットは価格が安いことです、資金計画が容易で、生涯に渡るライフサイクルプランに沿って検討が可能です。いろいろな築年数の物件が市場に出ています、リフォーム工事やリノベーション工事も含めて検討と選択が大変ですし、ある程度の不動産や建築の知識が無いと、間違った選択をしてしまう場合もあります。その点を住まいの相談室がお手伝いさせていただきます。

「取得方法」の違いによるメリットとデメリット

  住まいを建てる 住まいを買う 中古住宅に住む
価格
取得の難易度
場所の自由度
建物の自由度
建物の耐久度

◎メリットが大きい 〇普通 △デメリットがある

各サポート料金について

各サポートについてのサポート料は下記となります

各取得サポート サポート料金(料率と価格例)
土地の購入サポート 土地の購入価格 × 1.1%  ※55,000円以下は55,000
700万円の土地購入の場合     700万円×1.1%=77,000円
住まいの建築サポート 住まいの建築請負契約 × 2.2% ※275,000円以下は275,000円
1,500万円の建築請負契約の場合  1,500万円×2.2%=330,000円
建売住宅購入サポート 建売住宅の購入価格 × 1.1% ※110,000円以下は110,000円
1,800万円の建売住宅購入の場合  1,800万円×1.1%=198,000円
中古住宅購入サポート 中古住宅の購入価格 × 1.1%
1,800万円の中古住宅購入の場合  1,800万円×1.1%=198,000円

※中古住宅購入サポートは別途リフォーム工事のサポート料金が発生する場合もあります

初回無料相談をご利用下さい

https://sumai-sodan.jp/consult/