住まいの実例

清算&引渡し時のサポート

引渡し精算時の高額な追加見積……

状況

「住まい」の新築工事の引渡しの時に、思いもよらない高額な追加工事の見積書の提示を受け、困っていたクライアント様からサポートの依頼を承りました

追加工事見積の総額 約400万円

追加工事金額 50万円で清算して、引渡しを受ける

何をどうしたか?

・契約時の見積書と契約書の確認
・追加工事見積書の内容の精査
・建設会社との交渉

通常の追加工事は、当初の契約時の見積から増えた部分がその対象です契約時の見積書と契約書を確認すると……なんとも杜撰な見積書でした、何をどうするかがハッキリしていません。「ここから追加工事と言われても」……の内容でした

更に追加工事の見積書もいい加減なものでした。クライアント様(お施主様)をシロウトと思って、あまりに杜撰な対応です

問題点を指摘してながらも、工務店の意見も聞き、粘り強く何度も交渉をして。首記の結果をに導きました

このようなかたちで、私たちがサポートに入ると、工務店やハウスメーカは嫌な顔をされます。そして対応が変わります。それだけでも、クライアント様(お施主様)のサポートになれていることを実感します

まずは「無料相談」へ

「新築」「リフォーム」「解体」「空き家対策」など、住まいに関するお悩みがございましたら、まずはご相談ください。
「何を、どうすればよいのか」をご提案いたします。

初回無料相談お問合せ・お申込み