住まいのリフォームサポート

住まいの相談室

「住まいのリフォームサポート」には2つの方式がありますので、お好みの方をお選びください。

(1)元請発注方式
大手ハウスメーカーから中小の工務店、専門工事業者など、さまざまな特徴を持った施工会社があります。お好きな施工会社をお選びください。ご紹介させていただくこともできます。
「住まいの相談室」は、リフォームのすべてを、お施主様の立場でサポートさせていただきます。
詳しくはこちら

(2)DIY方式
DIYとはDo It Yourselfの略です。直訳すると「自分自身でやる」という意味です。
DIY方式では特定の施工会社との契約は交わしません。仕様もコストも自分らしく、お施主様ご自身で住まいのリフォームを行うことができます。
詳しくはこちら

元請発注方式

施工会社は自由に選んでいただきます。
その施工会社の仕様で住まいのリフォームを行います。

元請発注方式のサポート内容

「住まいの相談室」は、資金計画、施工業者選びから、リフォーム完成までのすべてを、お施主さまの立場でサポートいたします。

元請発注方式の「メリット」

  • 大手ハウスメーカーから中小の工務店まで、どこでも契約が可能。ご紹介も可能です
  • 信頼できる施工会社さんにお任せして、安心なリフォームを行うことができます
  • プロの職人さんが工事を行います。出来上がりもきれいです
  • 資金計画のご相談、見積書の比較、仕様書の確認、商談のサポートが受けられます(施工会社契約前)
  • 仕様や色決め、現場の定期訪問チェック、各種検査の立ち会いなどのサポートが受けられます(施工会社契約後)

元請発注方式の「デメリット」

  • 施工会社の決めた標準仕様に沿ったリフォームです
  • 施工会社の都合に合わせたリフォームなので、勝手に進められる場合があります
  • 一式見積で価格が不透明・不明確です。追加や変更は高額、値引きは少額です
  • 営業担当者、現場担当者との人間関係や、その力量に左右されます
  • 下請けの専門工事業者の力量と施工会社(元請)と専門工事業者の関係に左右されます

DIY方式

特定の施工会社(建築会社)とは契約いたしません。
自分自身でリフォームを行います。

DIY方式のサポート内容

「住まいの相談室」は、お施主様のパートナーとして、リフォームのすべてにご一緒させていただきます。

DIY方式の「メリット」

  • 基本的にすべてのことを自分で決めることができます。自分で工事をすることが基本です
  • 予算が明示され明確になります。ネット等の価格情報がそのまま反映できます
  • コスト管理が容易です。どこにコストをかけ、どこを抑えるのかを自分で決めることができます
  • 「住まいの相談室」が専用の作業場と工具を完備していますので、工具や加工場の提供が受けられます
  • 「住まいの相談室」による、加工や取付作業のサポートが受けられます

CM方式の「デメリット」

  • リフォームにかなりの時間をとられます。正直に申し上げて、かなり面倒です
  • モデルハウス等がありませんので、完成をイメージする想像力が必要です
  • アフターフォローも自分で行う必要があります
  • 場合によっては、コストが増えることもあります
初回無料相談

新築、リフォーム、住まいや土地の活用など、住まいに関するお悩みやお困りごとがございましたら、まずは初回無料相談をご利用ください。
Zoom又はLINEを利用して、リモートでのご相談も承ります。
「住まいのリモート相談」の流れはこちら

初回無料相談に申し込む