住まいのセミナー(勉強会)

第1回 住まいの無料セミナー(勉強会)

毎月…第4土曜日に定期開催を予定している、「住まいの無料セミナー(勉強会)」の第1回目を11月23日(土曜日)に開催します

第1回 住まいの無料セミナー(勉強会)

今回のテーマは「脱・新型コロナ感性症禍の「住まいづくり」をどう考えるか?」

「脱・新型コロウイルス感染症の「住まいづくり」をどう考えるか?」

新型コロナ感染症の感染拡大で、私たちの将来(未来)は不確定要素が大きく、不安定で先行きが見通せないことが、はっきりとしてきました。このな時…家族の暮らしの基盤である「住まいづくり」をどう考えるかは、非常に大きな問題です。「住まい」は生涯で最大の買物です、大きなお金が必要となります。多くの方が生命保険を担保に住宅ローンを借りて、「住まいづくり」に臨まれますが、今までとお同じ考え方でよいのでしょうか? セミナーではそこからお話をスタートします

無理をせず、無駄を省いた…新しい「住まいづくり」をご提案します

先が見通せず、不安定&不確実な時代を歩いていくご家族にとって、大切なことは「無理をせず」「無駄を省く」ことです。「すまいづくり」こそ、この「無理をせず」「無駄を省く」ことが重要なポイントです

お金の無理と無駄 (住宅ローンの無理と無駄)

土地を購入して、「住まいづくり」を行うと……30,000,000円以上の資金がが必要となります。これを住宅ローンで賄うと……(金利…1%・返済期間…35年)
月の返済額は85,000円程となります。通算で支払う利息の総額は5,500,000円以上になります。85,000円は返済出来ない金額ではありませんが、今…30歳の方は65歳まで返済に追われます。これって「無理と無駄」がありませんか?

お子さんは20年で「住まい」を離れます (子育て住まいの無理と無駄)

住宅ローンを返済期間35年で組んで、「子育て・住まい」を創っても…お子様は20年で社会人となって、住まいを離れる場合が少なくありません、ほとんで使わなくなった子供部屋を抱えた住まいに、夫婦で残りの生涯を暮らすことになります。そこに「無理と無駄」はありませんか?

新しい「住まいづくり」・「暮らし方」とは

住まいの相談室が提唱させていただく1例です。30歳で子育ての「住まい」を考えられている方に提案

※クライアント様の条件によってそれぞれに違ってきます

中古住宅(空き家)の購入

・築20年~40年の「住まい」を1千万円程度で購入する
・お子さんの通学を考える、買い物をや生活環境を重視、20年後の売れる土地

最低限のリフォームの実施

・予算500万円以内で、必要最低限のリフォーム工事を実施

※15,000,000円を金利1%、返済期間20年で住宅ローンを利用した場合
 月々の返済額は69,000円程となります。通算で支払う利息の総額は約1,600,000円です
 30,000,000円の住宅ローンと比べてみてください
 月々の返済額の差額16,000円を積み立てると2年間で3,840,000円になります

DIY 自分の住まい&暮らしを自分の手で工夫

・お子さんと一緒に、ご家族で住まいやすいDIYを繰り返して、楽しく暮らす
・DIYのサポートをさせていただきます

20年後…お子さんが巣立った時に次の「住まい」・「暮らし」へ

20年後…あなたは50歳です、平均年齢を80歳と想定しても、今後30年の暮らしを考える、良い機会です
返済差額を積み立てた3,800,000万円も手元にあります(^_-)-☆ 新たに住宅ローンを組むことも可能です

・「お住まい」を解体して、建替える方法があります……ご夫婦で暮らす平屋の「住まい」など
・「お住まい」を次の子育て世代に売却する方法があります……その資金でご夫婦の新しい暮らしを
・もちろん…リフォーム&DIYをして、「お住まい」に暮らし続ける方法もあります

詳しいご説明と、クライアント様毎のご相談は当日…住まい無料のセミナー(勉強会)で。皆様のご参加をお待ちしています

お問合せ・お申し込みは
まずは「無料相談」へ

「新築」「リフォーム」「解体」「空き家対策」など、住まいに関するお悩みがございましたら、まずはご相談ください。
「何を、どうすればよいのか」をご提案いたします。

初回無料相談お問合せ・お申込み