住まいのリフォームサポート

どんなリフォーム(暮らし方)をお考えですか

「住まいのリフォーム」はその暮らし方を考えるところからがスタートです。いきなり建設会社&リフォーム会社に相談すると、暮らし方や何が必要は無視されて、はじめからリフォーム工事ありきで話がすすんでしまいます

そもそも……そのリフォーム工事は必要なのか? そのリフォーム工事にメリットがあるのか? そこから「住まい」の専門家が、ご相談者(クライアント様)の立場で、「住まいのリフォーム」全般をサポートします

今お住まいの「住まい」に対してどんなお悩みをおもちょいですか❓ 下記にございますか❓ 

リフォーム工事のサポート内容

現地確認 (ご要望の聞き取り)  【初回無料相談】

リフォーム工事のサポートはここからスタートします、そしてここが一番大切です。

先ずは「お住まい」…現地の確認と,クライアント様のご要望の聞き取りをさせていただきます

「住まい」の専門家が「お住まい」を拝見すると、だいたいの問題点は把握できます。それを踏まえてクライアント様のお悩みと、考え方をお聴きします。そこで結論はでませんが、今後の取り進めの方針はお話させていただき、次のステップに進むかのご判断をいただきます

この現地確認は【初回無料相談】で対応させていただきます

現地調査

専門工事業者さん等に依る、現地での詳細の調査を実施します。クライアント様のお悩みの原因や、「お住まい」の細部の納まりや、施工されている工事の内容を調査します。これにより、「お住まい」の抱えている問題や、今後のリフォーム工事の工事方法がみえてきます。工事業者さんの判断だけによらず、住まいの相談室からも提案やアドヴァイスをさせていただき協議します

専門工事業さんには、工事内容の検討&提案とともに、お見積書の提出を依頼します。これにより「リフォーム工事の計画」の策定が可能となります

リフォーム工事の計画策定

現地調査の結果から「リフォーム工事の計画」を策定します。今、クライアント様に必要なリフォーム工事はもちろん、将来的に必要となると思われるリフォーム工事やメンテナンスのを、その資金計画と共にご提案します

結果的に「リフォーム工事をする必要はないとかもしれない?」云う場合もあります、この「お住まい」にリフォーム工事をしても無駄との提案になる場合もあります

住まいの相談室は建設工事会社ではありません、工事の受注する目的だけの行動やご提案はしません…ご安心ください

施工業者選び (見積書の検討)

住まいのリフォーム工事をおこなう事が決まったら、建設業者を選びます。何社かの建設会社から見積を出していただいて検討します。建設会社ごとそれぞれに、違った内容の見積書が提出されます。それを比較検討がしやすいようにまとめ直した比較資料等を作成して、クライアント様と協議を重ねます。業者選びのポイントは見積書の価格だけではありません、担当者の言動や会社の雰囲気や対応も大きなポイントとなります

契約のサポート

業者選びに目途がつきましたら、いよいよ工事契約です。リフォーム工事の契約は新築工事の契約と違って、契約の条件や約款が明確でない場合が多いようです。契約書すら作成しない場合もあるようです、それはNGです。しっかりした業者さんほど、この契約を大事にします。見積書に準じた契約書、もしもの場合を想定した約款等…工事の内容や規模に応じて、後々のトラブルにならないようにしかりとした対応をサポートします

工事施工の確認

契約が済むと、工事の着工となります。リフォーム工事の場合には、契約の翌日に工事着工と云う場合もあります。生活をしながらの内装工事や水廻りの工事となる場合もあります。しっかり準備して、ストレスをかかえないように工事に着工しましょう。クライアント様が気づかれない「もしも」を想定して、サポートします

工事途中で発生する追加や変更の工事もその都度、お客様と業者さん双方の確認をとってサポートします

工事中は定期的に現場を確認させていただき。工事の進捗や工事内容をチェックします。不良ヶ所や不備な点がみつかれば、建設会社に伝えて、早急な対応をさせます。クラインアント様からの❓にも直ぐに対応します。

引渡し検査の実施と立会

お引き渡し前には、お客様(クライアント様)・建設施工会社・住まいの相談室の立会のうえで引渡し検査を実施します。契約通り(見積書通り)の内容で工事がされているか、瑕や不良個所はないかを確認します

工事の清算とお引渡しの立会

リフォーム工事には追加工事や減額工事が必ずあります、最終清算が大切です。おもわぬ高額の請求が無いように工事中から注意してサポートします。清算が終わり引き渡しがされた後に、不都合が生じることもあります。業者が逃げ腰にならないように、最後までサポートします

住まいのリフォーム サポート料金(参考)

(工事金額 × 5% + 50,000円) × 10%(消費税) 

例 工事金額が 1,000,000円の場合   110,000円(税込み)
   〃    2,000,000円の場合   165,000円(税込み)
   〃    5,000,000円の場合   330,000円(税込み)

※ サポート内容によってサポート料金は変わります(初回無料相談時に見積をせていただきます)
※ 工事金額が少額な場合(30万円以下)やは別途個別にご相談させていただきます

サポート料金の考え方

 通常にリフォーム業者さんが工事を契約される場合は、専門工事業者さんの見積にリフォーム業者さんの利益+経費分が30%程度上乗せされます。「住まいの相談室」では基本的にお施主様(クライアント様)と専門工事業者さんとの間で契約をお願いして、サポートさせていただきます。その結果…サポート料が加算されても、通常のリフォーム業者さんとご契約されるより価格は下がります

初回無料相談

新築、リフォーム、住まいや土地の活用など、住まいに関するお悩みやお困りごとがございましたら、まずは初回無料相談をご利用ください。
Zoom又はLINEを利用して、リモートでのご相談も承ります。
「住まいのリモート相談」の流れはこちら

初回無料相談に申し込む