住まいの無料セミナー(勉強会)

セミナー「かしこい実家のかたつけ方」6月25日(土曜日)

実家「かたつけ」る必要に迫られいるのに、どこから手を付けて良いかわからずに、困っている方が多いようです。本来は財産(資産)のはずの土地や住まいが、そのまま放置しておくと、金銭的な負担も強いられる不良資産となってしまいうこともあります。

きっかけを見つけてみませんか❓

先ずは第一歩……このセミナーに参加して、きっかけを見つけてみませんか❓

セミナーの概要

セミナーのおおまかな内容を説明します。セミナー終了後の個別の無料相談にも対応させていただきます(1組15分程度)

①不用品の片付け

使わなくなった物…「不用品」の片付けが最初の関門です。実家には思い出が詰まった大切な物もありますから、全てを「不用品」として片付けられない事情もあります。そんな時……どこから、どのように手を付けたら良いのかからご説明します。

最後の処分は専門業者さんに任せることも可能ですが、費用を抑える為にも自分でどこまで出来るかがポイントです。

実例に即して、細かな方法までご説明します

台所からの不用品

②相続と登記

実家に手が付けられない原因の一つに相続登記の問題があります。細かな権利関係を親戚で協議する必要がありますが、これがなかなか難しいのです。弁護士さんや司法書士さんにご相談する前に、現況を把握することが大切です。自分たちで調べられることや、簡単な法律関係を学びましょう。

実際の登記はご自身でもできます、費用を抑えるひとつの方法でもあります。そんなお話もします

不動産登記識別情報(権利書)

③管理と活用

「不用品の片付け」「権利関係の整理」が整えられれば、管理と活用の方法を検討しましょう。

「住まい(建物)」は人が住まずに空き家になると、どんどん劣化します、適切な管理が資産価値を継続する方法です。それぞれの「実家」に合った管理方法を考えてみましょう。

将来の居住、賃貸、売却と活用の方法もいろいろあります。場合によっては「住まい(建物)」は解体してしまったほうが良い場合もあります。

空き家のイメージ画像

ご予約をお願いします

新型コロナ感染症対策もあり、完全予約制での開催となります。下記のお問合せ・申し込みフォームからご予約をお願いします。

まずは「無料相談」へ

「新築」「リフォーム」「解体」「空き家対策」など、住まいに関するお悩みがございましたら、まずはご相談ください。
「何を、どうすればよいのか」をご提案いたします。

初回無料相談お問合せ・お申込み